So-net無料ブログ作成
検索選択
ルナが我が家にやってきた ブログトップ

祖母とルナの関係 [ルナが我が家にやってきた]

「ルナのゴハンは6ヶ月になるまでは一日3食、それ以降は一日2食、小分けにして与えるように。」
とブリーダーさんから言われていました。
「犬は一日一食で良いんだよ」という人も中にはいますが、ゴールデンなどの大型犬は胃捻転を起こしやすので、小分けにして与える方が良いのだそうです。

朝と夕のゴハンは私や母が与えることができますが、問題は昼のゴハンでした。
母は仕事、私は大学で、昼間はどちらも留守にすることになります。
大学の夏休みまであと二週間だったし、テスト前なので午前で授業が終わるし、急いで帰れば何とかなるだろうと思っていました。
ブリーダーさんからは「ちょっとくらい時間が遅れても、大丈夫ですよ」と言われたものの、
お腹をすかせてひとりで待っているルナのことを考えるとちょっとかわいそうになってしまいました。
トイレだって私たちが帰ってくるまでガマンさせるのもかわいそうだし・・・

そこで、昼間のルナの世話は、同じ敷地内に住む祖母にお願いしよう、ということになりました。

以前にも書いたとおり、祖母はルナを飼うことにとても反対していました。
どうやら昔から『動く毛むくじゃらの生暖かいもの』全般が苦手だから、ということでした。
私は祖母にはとてもルナの世話をお願いする事はできないと思っていました。
母は「何とかなるから~」と楽観的でしたが、私はとても心配でした。

ルナが来た次の日、私は講義が終わるとすぐに教室を飛び出し、急いで家に帰りました。
祖母にかみついたり飛びついたりでもしてたらどうしよう・・・とかなり心配でした。
ところが、家に着くと祖母は「今、ルナにゴハンあげたところだから。オシッコもちゃんとしたよ。」
とあっさり。さらに「ゴハンが耳に付いちゃうのよね~。タオルで拭いてあげたからね。」

あんなに『動く毛むくじゃらの生暖かいもの』が嫌いで、触るのも嫌だと言っていたのに・・・
私の心配は何だったんでしょう??

結局、昼間の世話は祖母が引き受けてくれることになりました。
今では私たちの帰りが遅くなるときはルナの夜ゴハンまで準備してくれています。
ルナにもそれが通じるのか、祖母の言うことをちゃんと聞き、祖母の前では良い子なのだそうです。

祖母 > ルナ ≒ 母 >>>>>>>私 

私は祖母に頭が上がりません(^^ゞ

抱っこしているのは、うちの叔父です。
祖母に似たのか、やっぱり生き物は苦手ですが、ルナは大丈夫なのだそうです。
抱っこしてもらえるなんて、思いもしませんでしたが、何か嬉しいものですね!
↓↓↓


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ルナのハウスのしつけの話~その2 [ルナが我が家にやってきた]

ルナはゴハンの時間のハウスは100%できるようになりました。
でも、長時間ハウスから出して遊んだ後や、休日の次の日はなかなかハウスに入ってくれません。

そんなときはおやつをハウスに入れて、ルナがおやつを食べようと頭をハウスに入れた瞬間に
ルナのお尻をハウスに押し込みます。そして、ケージの扉を閉めて、はい完了(*^^)v

ところが、何度も繰り返すうちに、ズル賢いルナはこの作戦をすぐに見抜いてしまいました。
おやつをハウスに入れても、近くに来て私の様子を伺うだけで、おやつを食べようとしないのです。
私がルナに手を伸ばそうものなら、1mくらい後ろに飛びのいて、ハウスに入るのを拒否するのです。
それでもムリヤリ捕まえようとすると、まるでおもちゃを買って欲しいと駄々をこねる子供のように、
全身脱力してゴロンとお腹を見せて、寝転がってのコンニャク作戦・・・
こうなるともう抱っこはできません(-_-;)

そこで私はおやつをそのままにして、部屋を出るフリをしました。
ルナは私のその姿をみるとすぐにハウスの中に入っておやつを食べ始めました。
すかさず私はルナのお尻を押してハウスに押し込み、ケージの扉を閉めて、はい完了(*^^)v

ところがこの作戦も何度か繰り返すうちに、またもやルナに見破られてしまいました。
部屋から出るフリだけでは通用せず、本当に部屋から出たのをちゃんと確認してから、
ハウスのおやつを食べるのです。なんてズル賢い!!
でも私はドアの隙間からそんなルナの行動を観察して、ルナがハウスに入った瞬間に
すかさず部屋に入り、ルナのお尻を押してハウスに押し込み、ケージの扉を閉めて、はい完了(*^^)v

ところがこの作戦もだんだんと通用しなくなってしまいました。
私が本当に部屋から出て遠くに行ったかどうかを、部屋から外まで出てきてチェックするように
なったのです・・・ここまで来るともう笑うしかありませんね(^_^;)

現在は『ハウスのときだけスペシャルなおやつ大作戦』でほぼ100%ハウスに入るようになりました。
スペシャルなおやつとは・・・だいたいはリンゴやバナナなどの果物や、犬用のチーズが多いです。

こんなルナですが、私が留守中の時はちゃんと祖母の言うことを聞いて、祖母の顔を見ただけで、
ささーっとハウスに入って行くのだそうです・・・

それってルナの中ではこういう風な順位になってるってことなんでしょうかね~

祖母 > 母 ≒ ルナ >>> 私・・・(T_T)/~~

※お陰さまで大学のテストは無事に終わりました。
三十路の大学生なので、他の子の数倍は勉強しないと追いつかないもので・・・(^^ゞ
長らくお休みしていて申し訳ありませんでした。
これからもルナ共々どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

ルナがハウスの中で寝ている姿です。
女の子なのに、結構とんでもない寝姿ですよね。
ちなみに今は寒いので、ドーナツスタイルで寝ています。
↓↓↓


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ペット

ルナのハウスのしつけの話~その1 [ルナが我が家にやってきた]

普段の日中の我が家は、母は仕事、私は大学なので、留守にしています。
ルナは留守中は基本的にはハウスの中で過ごさせることにしています。

中には「ハウスの中に入れっぱなしでかわいそう」とか、
「自由にしてあげたほうが良いんじゃない?」とか言う人もいます。
(実ははじめは私もそうでした。)

でも、この時期の子犬はいたずら盛りで、いろんなものに興味しんしんです。
目に入るあらゆるもののニオイをかぎ、自分の口の中に入れようとするので、目が離せません。
部屋の中で自由にさせていたら、留守中にどんないたずらをするか・・・

ブリーダーさんからは、
「休むときは狭いところのほうがぐっすり寝られるし、何よりもルナの安全と健康のほうが大事。人と犬とが一緒に仲良く暮らすためには、ハウスのしつけはとても大切なんですよ。」
とハウスで過ごさせることの大切さを教えてもらいました。

ということで、ルナのハウスのしつけの開始です。
ルナにハウスは楽しいところだよ、と教えるために、ブリーダーさんのアドバイス通りに3回のゴハン(ルナは6ヶ月までは1日3食)と、寝る前に飲ませるミルクはハウスの中で与えることにしました。

どの家のゴールデンもそうだと思いますが、この時期の子は食い意地の塊みたいで、
「君には食べることしか楽しみがないのか~?」と思うくらいに食い意地がはっています。

食い意地作戦は100%成功で、ルナはあっという間にハウスのコマンドを覚えました。
ゴハンの容器を持って、「ハウス!」と言うと、一目散にハウスの中に入っていくようになりました。
今ではゴハンのにおいがしただけで、ハウスにさっさと入っていきます。
ゴハンの時間が来ると、ハウスの中に出たり入ったりして、
「食べたい~お腹がすいた~」
とアピール(?)するまでになりました(-_-;)

問題は遊んだ後のハウスのしつけでした。
いつまでも遊んでいたいからなのか、これは中々覚えてくれませんでした。
小さいうちは抱っこしてムリムリ入れる事ができたけど、図体が大きくなってからでは絶対ムリ!
ということで、これも食い意地作戦でルナのおやつ(クッキーチーズ)を利用することにしました。

ハウスの中にクッキーを入れると、ルナはそれに釣られてハウスの中に入っていきました。
その瞬間に「ハウス!」と言い、ケージのドアを閉めると、ルナは
「ど~ゆ~ことぉ~??」という表情で私の顔を見つめるのです。
私は一瞬ルナをだましてるような気持ちになりましたが、「これもルナのため」と思い直し、ハウスの置いている部屋から出て行きました。
しばらくの間、「ドスン!バタン!」とルナがケージを引っかく音が聞こえていましたが、静かになったので、そっと部屋に入ってみると、ルナはすやすやと寝息を立てて、寝ていました。

これを何度も繰り返し、ルナはハウスができるようになったのでした。
と、言いたいところなのですが、ルナは時々ズルをして、ハウスに入りたがらないことが今でもあるんです・・・(T_T)

というわけで・・・~その2に続く

※大学のテスト前なので、勝手ながらしばらく日記はお休みします。
2月中旬には再開できると思います。
読んで下さっている方には申し訳ありません!!m(_ _)m


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ルナのトイレのしつけの話~その2 [ルナが我が家にやってきた]

とりあえず、ルナのトイレの場所は掃除や後片付けが簡単なので『玄関』に決まりました。
なんと、ルナの世話をするのを一番嫌がっていた祖母が、私の部屋からルナを誘導してそこでするようにしつけてくれたのです。

ゴハンを食べたらすぐトイレ。
ハウスから出たらすぐトイレ。
トイレをしないうちは玄関から出さない、遊ばない。
トイレのしつけができないうちはリビングには入れない、ということを徹底していきました。
段々とトイレの失敗は減っていき、外に出られるようになってからでは、庭先で済ませることもできるようになりました。
今では、晴れている日はお庭でトイレ、雨や雪の日は玄関でトイレをするようにしています。

ルナはトイレを失敗するときは、大体パターンが決まっていて、玄関マットやじゅうたんなどの、やわらかくてふわふわしているところにしてしまいまいます。
でもこれは、部屋にじゅうたんを敷かない、玄関マット撤去することでほぼ解決しました。

あとは草のニオイがすると催すからなのか、いちどそこでして気持ち良かったからなのか(?)
畳の上でウ○チをしてしまう事も何度かありました。
とりあえず、大きくなるまでは和室は出入り禁止にすることにしました。

トイレの失敗がほとんどなくなった頃、こんなことがありました。
私はその日、うきうきした気分で明日からの旅行の準備をしていました。
ルナは私のその様子をハウスの中からじーっと観察していました。
そして、その後、ルナをハウスから出すと、ベッドの上で大暴れをしたのです。
ルナをしかりつけると、部屋中ぐるぐる走り回ってさらに大暴れ。
そして、私の顔をチラッと見たその直後、ベッドの上にオシッコをしたのです!!(しかも大量)

母曰く、「ルナは自分が無視されて、うきうきししていたのが気に入らなかったんじゃないの~?」
確かに、そうだけど・・・
私はルナを叱るに叱れずに、黙って後片付けをしたのでした。
こういうことが何度かありましたが、2歳になる頃にはぴたっとこの癖はなくなりました。

ところで、犬を飼っている方は、トイレの時にどのように合図を出しているんでしょう?
盲導犬だと「ワン、ツー」なんていう風にスマートなんですが・・・

我が家ではストレートに「オシッコ、シーシー!」「ウ○チ、ウ○チ!」としつけてしまいました。
今でも、庭先で「ウ○チ、しなさい!!ウ○チ!!」と大声で言ってしまいます。
外には聞こえていると思うので、かなり恥ずかしいですよね・・・
でも、今更もう変えようがないので、半ばあきらめていますが(-_-;)

ルナの小さい頃は、お座りしようとしただけで「オシッコか!?」とヒヤヒヤしたものです(^^ゞ
↓↓↓


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ルナのトイレのしつけの話~その1 [ルナが我が家にやってきた]

ルナのトイレのしつけは主に室内で行うことにしました。

トイレは外で、もしくは散歩のときにさせる、という人もたくさんいると思います。
でも、どんなに雨が降っても、大雪の時でも、台風の時でも、トイレのために外に散歩に連れ出すのは大変だし、何より散歩の時までにトイレをガマンさせるのはかえってかわいそうな気がします。
また、自分の家の敷地内ならまだしも、よそのお宅の前でオシッコやウ○チをさせるのはとても失礼な事だし、公園の中でさせるのも、そこで遊ぶ子達にとってはちょっと不衛生な感じがします。

ブリーダーさんも同じような考えで、我が家に来たときにはすでにトイレのしつけはされていました。
室内で、ペットシーツは使わず、新聞紙の上でさせる、というものです。
(ペットシーツは高価なので、もっと簡単なもので、という理由らしいです。)

ルナは、はじめの頃はあまり失敗せずによくできていました。
でも、ハウスの中でオシッコをしてしまう、ということが何度もありました。
はじめは、ハウスの中にも新聞紙をしいていたからかも、と思っていました。
ところが、トイレを済ませてすぐハウスに入れてもオシッコをしてしまうのです。
どうやら、オシッコをすればハウスから出してもらえる、と学習したみたいなのです。

ブリーダーさんからは「子犬は寝るのが仕事。遊ぶ時間は一日数回、30分以内にしてください。」
といわれていましたが、ついかわいいので、しょっちゅう出して遊んでいました。
ところがこの時期、私は大学のテスト期間中で、昼間も夜もルナのハウスの横で勉強していることが多かったので、ルナはかまってもらいたかったんだと思います。

その証拠に、夏休みに入って昼間バイトを始めると、その癖はぴたっと治ったのでした。
生後6ヶ月までは、ルナには1日3食の食事を与えていたので、12時ごろに食事を与えるように、祖母に頼んでいました。
祖母がルナにゴハンを与えてハウスから出すと、ちゃんと新聞紙の敷いてあるところに行って、トイレを済ませるそうです。
うまくできると祖母は「よしよし」と褒めてあげるのだそうです。
(犬嫌いだったはずの祖母が、このようにルナの面倒を見てくれるので、感謝感謝です。)

こうして、ルナはきちんと室内でトイレができる子になったのでした。

と言いたいところなんですが、実はまだまだ失敗を繰り返すのです。
トイレがのしつけがちゃんとできるまでの道のりは長かったのでした・・・(-_-;)

~その2に続く~

このように部屋のいたるところに新聞紙をしいて、トイレのしつけをしていました。
でもこの写真ではルナの寝床になってしまってますね(^^ゞ
↓↓↓


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ルナの夜鳴きの話 [ルナが我が家にやってきた]

ルナは遊ぶときやトイレのとき以外はハウスの中で過ごさせるようにしています。
一緒に暮らす上でハウス(クレート)のしつけはとても重要なのものだとブリーダーさんから教えられていたからです。
でもはじめは、ルナはハウスにいるのをとても嫌がりました。

ルナが来てから3日間、毎晩のようにルナはハウスの中で夜鳴きをしていました。
昨日まで兄妹たちと一緒に寝ていたのに、今日からいきなりひとりでハウスの中で寝なくてはならないので、夜鳴きするのも無理はありません。

でも、ここで「かわいそうだから」と外に出して抱っこしたり、一緒に寝てしまったのでは、かえってルナのためにならない、ここは心を鬼にして無視を決め込みました。
ハウスがおいてある部屋は私の部屋だったので、私は眠れるように缶チューハイを飲み干し、ぐっ!とこらえて布団にもぐりこみました。

「きゅーん、きゅーん」
と鳴いては眠り、また思い出したように鳴いては眠り、を何度か繰り返しました。
そしてその鳴き声が
「きゅわわあぁーん!!きゅわわあぁーん!!」
と段々と鬼気迫ったものになっていきました。

そのうちなにやら香ばしいニオイが部屋に充満してきました。
そう、ルナはハウスの中でウ○チをしていたのです。
(汚い話でスミマセン・・・)

私は急いでハウスの中に敷いてあった新聞紙を取替え、ぬるま湯でウ○チまみれのルナの体を拭いてやろうとすると、ルナは「わぁーい!ハウスから出られたー!!」と言わんばかりに無邪気に部屋を走り回りました。
当然私の部屋のじゅうたんもウ○チまみれになったのでした・・・(T_T)

そしてまたルナをハウスに入れ、電気を消すと、先ほどと同じような繰り返しで今度はハウスの中でオシッコ。
当然私は寝不足になりました。

でもこの夜鳴きは、ブリーダーさんの予告どおり3日間だけで、後はおとなしくハウスの中で寝てくれるようになったのでした。

写真はウ○チまみれのルナの体を拭いているところです。
↓↓↓


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ルナが我が家にやってきた▼^ェ^▼ [ルナが我が家にやってきた]

ルナが我が家にやってきました。

犬嫌いだったはずの祖母は、今か今かと待っていたらしく、ルナが到着するとすぐに玄関先まで出迎えてくれました。
まずは、抱っこした状態で祖母にごあいさつ。
ルナを見た祖母の第一声は「うわ~おおきいねぇ~」だったと記憶しています。

そしてこれから暮すことになる私の部屋へルナをつれていきました。
ルナはすべてのものに興味津々で、あちこちのニオイをかぎまくっていました。

まずはトイレかなあ~と思い、部屋の何ヶ所かに新聞紙をしくと、ルナは新聞のニオイをかぎ、そこに上手にオシッコをすることができました。
「新聞紙でのトイレのしつけと、ハウス、ゴハン前のステイ・OKは既にできている」
とブリーダーさんから言われていましたが、まさかここまでちゃんとできるとは!!
うわ~なんて賢いんだろう~!!とその時は思いました。
(実はルナはその後は失敗を繰り返し、トイレのしつけに苦労するのですが・・・)

その次は夕ゴハンをつくることにしました。
パピー用フード半カップをお湯でふやかし、缶詰1/6をトッピング
さらにCa等のサプリメントをふりかけて、できあがりです。
なかなかのグルメだなあ~と思いました。

食事やおやつはハウスの中で与えるようにと言われていたので、ルナをハウスに入れ、食器を手で覆ってステイ!!と言うと、ちゃんとお座りして待っているではないですか!!
うわ~なんて賢いんだろう~!!とその時は思いました。
(実はルナはその後しばらくは待てずに食べようとしてしまったり、ハウスのしつけにも苦労するのですが・・・)

次にハウスの中に新聞をちぎっていれ、ルナをハウスで寝かせることにしました。
しばらくの間はうろうろして「キュイン、キュイン」と鳴いていましたが、いつの間にか静かになり、ご就寝タイムに突入したのです。
うわ~なんてかわいいんだろう~!!とその時は思いました。
(寝てる時以外は小悪魔と化すことになろうとは、このときは想像だにしていませんでしたが・・・)

ところがその晩から3日間、ルナの『夜鳴き』に悩まされることになるのでした(-_-;)

写真はハウスの中で『ステイ』をしているルナです。
↓↓↓


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
ルナが我が家にやってきた ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。