So-net無料ブログ作成

ルナの病気が分かるまでの話 [ルナの病気について]

025.jpg
「ハイ、おイモ☆」

ようやく、おイモを前に、笑顔を見せるようになったルナです(^-^*)

 

ルナが罹った病気・・・それは、「子宮蓄膿症」です。 

避妊していない6~7歳のワンコに多い病気で、その名の通り、
細菌などの感染によって、子宮の中に膿がたまってしまう病気です。

発見が早ければ、避妊手術と同じように、子宮と卵巣を摘出する手術をすれば、
比較的早く治るそうですが、悪化してしまうと、子宮破裂や敗血症を起こすなど、
深刻な症状になることもあるそうです。

幸いルナは、発見が早く、術後の経過も順調だったため、
大事に至ることなく、快方にむかっています。 

今回は、ルナの病気が分かるまでの話を書きたいと思います。

長文ですが、スミマセン[たらーっ(汗)]


 

最初の異変に気づいたのは、母(のんのんお母さん)でした。

 

天気が良かったので、車で近くの公園でルナを連れていったそうですが、
この日のルナはいつもと違った、というのです。 

「ルナったら、おかしいのよね~。車の中で、ずっと寝ているし、
公園に着いても、車から降りないんだよね~・・・」

 

翌朝、ルナは、朝ゴハンを、お団子一個分くらい残しました。

いつもは洗った後の容器のように、ピカピカになるまでキレイに食べるはずなのに・・・
ゴハンを残したことなんか、今まで一度も無かったのに・・・

でも、トイレタイムの後に、また残りを食べに戻ってきたので、
私はこの時点までは、大丈夫かな~くらいにしか思っていませんでした。

 

その日の夜は、私は残業のため遅くまで薬局で仕事をしていました。

すると、母から一本の電話がかかってきたのです。

「ルナの様子がおかしいの・・・水をガボガボ飲むし・・・
何だか目もうつろだし、元気がないみたい。早く帰って来て!!」

 

母のただ事じゃない様子に、あわてて仕事を終わらせ家に帰りました。

いつもは玄関までお出迎えしてくれるのですが、
この日のルナは、ソファーでグッタリ横たわったまま、しっぽを力なく振っているのです・・・

004.jpg

 

私にはこの症状に、思い当たることがありました。

ブリーダーさんの所に遊びに行く度に、毎回言われていた事・・・

「ルナは、ちょっと肥満気味だし、犬の厄年(6~7歳)になったら、
子宮蓄膿症に気をつけないとね~」 

「生理の後、一か月くらいは、注意して下さいね~。
水をガブ飲みしたり、
食欲が無かったりしたら、
それは子宮蓄膿症のサインだから・・・」

「ゴールデンはね、痛みに対してガマン強いから、
発見が遅くなると、手遅れになることだってありますからね・・・
サインを見逃さないようにして下さいね。」

 

そこで、わたしは夜遅くにも関わらず、ブリーダーさんの家に電話をかけました。

いつもルナのことでは親身に相談にのって下さる、ブリーダーさんです。

ルナの今の状態をお話しすると、ブリーダーさんはこう言いました。

「それは、子宮蓄膿症にまちがいないと思います。
できるだけ早く病院に連れて行ってあげてください!」

 

時計の針はすでに21時を過ぎていました。

普通であれば、動物病院は既に閉まっている時間です。 

でも、グッタリしているルナを、このままにしておくわけにはいかない・・・

そこで、私は、夜間診療もする救急動物病院に連れて行くことにしました。

そこは、ルナのかかりつけの病院と同じ系列の病院です。

私と母は、ルナを車に乗せ、急いで動物病院に向かいました。

 

獣医さんにルナの今の状態をお話しすると、すぐに血液検査、超音波検査がなされ、
子宮蓄膿症にまず間違いない、という診断が下されました。

子宮蓄膿症の治療は、主に外科手術をして子宮と卵巣を摘出するというものでした。

薬で様子をみるという方法もあるそうですが、再発することもあり、
手術の方が予後が良い、という獣医さんからの話を聞き、
早速手術をお願いすることにしました。

「手術自体は、避妊手術と同じなので、難しいものではありませんが・・・」

話を聞き、ほっと胸をなでおろす私と母に、獣医さんはこう付け加えました。

「血液検査の結果がどうも納得いかないんです。
血小板の数値が異常に低くて、このままじゃ、手術はできません。
それにルナちゃんは心臓に不整脈が見られます。
その分、他の子よりも、手術のリスクが高くなるということを
覚悟しておいて下さい。」

 

一瞬私の頭の中は真っ白になりました。

もし、手術ができなくて、悪化してしまったら・・・?
手術している最中に、ルナにもしものことがあったら・・・?

 

泣きそうになっている私に獣医さんは優しく説明を続けました。

「もし、明日の血液検査の結果も、血小板の数値が低かったら、
輸血をして手術すれば大丈夫です。
医者は万一のことを考えて、リスクの話をするけれど、
不整脈も深刻なものではないし、麻酔も様子を見ながらゆっくりかけますから。
安心して、私たちに任せて下さい。」

 

私と母は、この説明を聞き、獣医さんを信頼して、ルナをお任せすることにしました。

翌日に手術の予約を入れ、抗生物質を処方してもらい、
一旦ルナを連れて帰宅することになりました。

次回へ続く・・・


nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。