So-net無料ブログ作成
検索選択

ヨーグルト事件 [ルナルナ事件簿]

我が家に欠かせないもの、それはヨーグルト

数年前はやった「カスピ海ヨーグルト」は、
そのタネをもらって以来、ずっと絶やすことなく、
88歳になる祖母がせっせと作っています。

毎日の朝食には欠かせないものなのです。

実は、ルナも、毎朝スプーン一杯のカスピ海ヨーグルトを
ペロペロするのが習慣になってしまっています[あせあせ(飛び散る汗)]

luna-DSC_0046.jpg
「だって、おいしぃ~んだもん[揺れるハート]

でも、このカスピ海ヨーグルトって、ちょっと酸味が強くて、
作っている祖母は苦手みたいです。
(私は好きなんですけどね。)

そこで、週1回、家に北海道直送の移動販売車が来ると、
カスピ海ヨーグルト用の牛乳と一緒に、
祖母専用のヨーグルトを購入することにしています。

luna-DSC_0005.jpg
祖母専用ヨーグルト☆

これがとってもおいしいんです~(^-^)/

ところが、昨日、このヨーグルトで、ある事件が・・・

 

仕事から帰った私に、祖母がこう言うのです。

「ルナが、ヨーグルト、食べちゃったみたい・・・丸ごと・・・」

 

・・・えっ!?丸ごと!?

 

だって、このヨーグルトは容器に入ってるし、
いつもは冷蔵庫に入ってるはずなのに・・・? 

 

その日は母も私も帰りが遅いので、
母屋に住む祖母にルナのゴハンを頼んでいました。

ルナのゴハンの準備のついでに、
祖母が明日食べるヨーグルトを母屋に持って行こうと
冷蔵庫から出して玄関に置いたそうです。

そして、ルナをハウスから出して庭で遊ばせているうちに、
ヨーグルトを出したことをすっかり忘れてしまったようなのです。

しばらくして祖母が戻って来ると、
ルナが部屋でなにやらガジガジしていたそうです。
それは、3つのヨーグルトの下に敷かれているボール紙。

そして、その上に乗っかっているはずの3つのヨーグルトは
探しても、探しても、どこにも見当たらない、というのです。

luna-DSC_0125.jpg
「ばあちゃんのよーぐる、たべちゃったの★」

 

私は一瞬頭の中が真っ白になりました。

 

今まで袋のままいろんなものを食べてしまったことはあったけど、
のど飴とか、おせんべいとか、一口で食べられそうなものばかり。

しばらくたってから、吐き出したり、ウンチと一緒に出てきたので、
今まで大事に至ることはありませんでした。

でも、こんなに大きなものを、たくさん
飲み込んでしまったことは初めてです。

容器は紙製だけど、ふたはアルミとプラ包装・・・
ルナの胃腸にこんなに大きなものが詰まったらどうしよう・・・

 

私は半泣き状態で、ルナの実家のブリーダーさんに電話をかけました。

「のんでしまってから時間も経ってるし・・・
丸のみというよりも、カミカミしてからのんでると思うから大丈夫。
今日はこのまま様子を見ましょう。
ちょっと便がやわらかくなるかも知れませんが、
数日経ったら出てくると思いますよ。」

ルナのことではいつも親身に相談にのって下さるブリーダーさん。
私はこの言葉にちょっと安心したのでした。

 

luna-CIMG2679.jpg
「これあげるから、ごめんなちゃい★」

いや、今回の事件はルナが悪いわけではなく、
祖母が悪いわけでもなく、
やっぱり、どう考えても、私の不注意なんです。

88歳にもなる祖母に、ルナのゴハンを頼んでいた、
私の責任なんです。 

今回の件で祖母はすっかり自信をなくしてしまい、
今日一日落ち込んでいたようです。

私は深く反省しました。
ルナと祖母に謝りたい気持ちで一杯です。 

 

そして、2日目の今日、 今のところ元気ではありますが、
容器が出てくる気配は全くありません。
全部出てくるまで、まだまだ油断できません・・・

luna-DSC_0008.jpg
私の心配をよそに、グーグー寝ているルナ。
早くでてこい、ヨーグルト(の容器)。 

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。