So-net無料ブログ作成
検索選択

ルナのトイレのしつけの話~その1 [ルナが我が家にやってきた]

ルナのトイレのしつけは主に室内で行うことにしました。

トイレは外で、もしくは散歩のときにさせる、という人もたくさんいると思います。
でも、どんなに雨が降っても、大雪の時でも、台風の時でも、トイレのために外に散歩に連れ出すのは大変だし、何より散歩の時までにトイレをガマンさせるのはかえってかわいそうな気がします。
また、自分の家の敷地内ならまだしも、よそのお宅の前でオシッコやウ○チをさせるのはとても失礼な事だし、公園の中でさせるのも、そこで遊ぶ子達にとってはちょっと不衛生な感じがします。

ブリーダーさんも同じような考えで、我が家に来たときにはすでにトイレのしつけはされていました。
室内で、ペットシーツは使わず、新聞紙の上でさせる、というものです。
(ペットシーツは高価なので、もっと簡単なもので、という理由らしいです。)

ルナは、はじめの頃はあまり失敗せずによくできていました。
でも、ハウスの中でオシッコをしてしまう、ということが何度もありました。
はじめは、ハウスの中にも新聞紙をしいていたからかも、と思っていました。
ところが、トイレを済ませてすぐハウスに入れてもオシッコをしてしまうのです。
どうやら、オシッコをすればハウスから出してもらえる、と学習したみたいなのです。

ブリーダーさんからは「子犬は寝るのが仕事。遊ぶ時間は一日数回、30分以内にしてください。」
といわれていましたが、ついかわいいので、しょっちゅう出して遊んでいました。
ところがこの時期、私は大学のテスト期間中で、昼間も夜もルナのハウスの横で勉強していることが多かったので、ルナはかまってもらいたかったんだと思います。

その証拠に、夏休みに入って昼間バイトを始めると、その癖はぴたっと治ったのでした。
生後6ヶ月までは、ルナには1日3食の食事を与えていたので、12時ごろに食事を与えるように、祖母に頼んでいました。
祖母がルナにゴハンを与えてハウスから出すと、ちゃんと新聞紙の敷いてあるところに行って、トイレを済ませるそうです。
うまくできると祖母は「よしよし」と褒めてあげるのだそうです。
(犬嫌いだったはずの祖母が、このようにルナの面倒を見てくれるので、感謝感謝です。)

こうして、ルナはきちんと室内でトイレができる子になったのでした。

と言いたいところなんですが、実はまだまだ失敗を繰り返すのです。
トイレがのしつけがちゃんとできるまでの道のりは長かったのでした・・・(-_-;)

~その2に続く~

このように部屋のいたるところに新聞紙をしいて、トイレのしつけをしていました。
でもこの写真ではルナの寝床になってしまってますね(^^ゞ
↓↓↓


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。