So-net無料ブログ作成

涙、涙のブリーダーさんとのお別れ [ルナが我が家に来るまでの話]

待ちに待った2002年7月7日、ルナが我が家にやってきました。

またその日は今まで2ヶ月間、ルナを大切に育ててくれた
ブリーダーさんやルナの兄妹のお別れの日でもありました。

お引渡しの当日、ルナを育てる上で注意すべきことや食事の与え方などの講義を終えると、
ブリーダーさんはルナをケージから取り出し、テーブルの上に乗せました。
生後約60日のゴールデンレトリーバーの子犬って、
小さくて、顔が丸くてフワフワなイメージですが、
実はルナは私が抱いていたそのイメージとはちょっと違っていました。

顔はやや面長、毛色は真っ白で短め、大きさは豆芝よりもひとまわり大きい感じでした。
「アタシ、これから何をされるの??」とでも言いたげな不安そうな表情で、
目を三角にしてテーブルの上のにおいをしきりにかいでいました。
「すごくかわいい~」とは正直言い難い表情で…(-_-;)

ちなみに「目を三角にして」というのは下の写真のような表情です。
↓↓↓↓

まあ、かわいいことにはかわいいのですが・・・

また、その直後、ちょっとびっくりすることが起こりました。
ブリーダーさんはおもむろにはさみを取り出し、ルナの鼻先をつかむと、
チョキチョキとルナのひげを切りはじめたのです!
犬のひげを切るというのは聞いたことが無かったので私はとても驚きました。

ブリーダーさん曰く
「猫のひげは切ってはダメだけど、ゴールデン、特に女の子は
切ったほうがさっぱりしてかわいいんですよ~。」
なのだそうです。

いよいよ帰ろうとするとき、はじめてルナを抱っこすることができました。
ルナの体は、腕にずっしりくるほど重くて、そして温かくて、
自分が預かった命の重さを感じました。

車に乗ろうすると、ブリーダーさんはご夫婦で外まで見送ってくれ、
「ルナ、良い子にするんだよ。元気でなぁー。」
とルナの顔に自分の顔を近づけて最後のお別れをしていました。
そのブリーダーさんの目がちょっと潤んでいたので、
私はこみ上げてくるものをぐっとこらえて
「必ず大切に育てますから、見守っていてください。」
と挨拶をし、車を発進させました。

振り返るとブリーダーさんは車が見えなくなるまで手を振り続けていました。
車の中で、母も私もこらえていた涙がしばらく止まりませんでした。
「何があっても大切に育てようね。たくさん、たくさんかわいがろうね。」
そう二人で約束しながら家へと向かったのでした。

しかし、この涙、涙のお別れも束の間、
1ヵ月後にはルナをつれてブリーダーさんのところに遊びに行き、
その後も毎月のように里帰りさせているのでした・・・

だって、車で1時間くらいの距離なんだもの・・・(^_^;)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。