So-net無料ブログ作成

ルナを飼う許しを得るまでの話 [ルナが我が家に来るまでの話]

私は小さい頃から犬が大好きでした。

いつか犬を飼ってみたい、と私はずっと思っていましたが、
なかなかそのチャンスにめぐりあえませんでした。
数年勤めた仕事を辞めて、ようやく自分の時間が持てるようになったとき、
母に「犬を飼いたい」と打ち明けました。
母も犬が嫌いではなかったし、すぐに許可してくれると思ったのですが、
意外にも犬を飼うことを反対したのです。

自分の記憶には無いのですが、
1歳か2歳の頃柴犬を飼ったことがあるそうです。
その名は「マリ」。
とてもおとなしい犬で、小さかった私のほっぺをなめている姿の写真が残っています。
私の犬好きは、その頃の記憶が潜在的に残っていたからなのかもしれません。

ところが、父の事業の失敗のため、母と実家に戻ることになり、
犬までも居候させることもできない、ということでマリを泣く泣く手放したそうです。
知人の家で飼うことになったそうですが、その後連絡が疎通になり、
マリがどのように過ごしたのかは分からないとの事でした。
もうマリのようなかわいそうな思いはさせたくない、
そんな後ろめたさもあってか、母は犬を飼うことに反対したのでした。

私は母に説得を試みました。
一生自分が面倒を見る、結婚することになっても犬と一緒にお嫁に行く、
絶対にマリのようなかわいそうな思いはさせない、と約束をし、
ようやく許しを得たのでした。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

H/Y

こんばんは。
ルナちゃん可愛いですね。ルナちゃんを飼うまでの決意がよく伝わりました。次回の更新楽しみにしています。
by H/Y (2005-01-10 01:28) 

ルナルナ

あっ!H/Yさん。早速見ていただけましたか!
ありがとうございます(*^_^*)
不定期に更新してますが、ルナの成長日記はまだまだ続きます。
乞うご期待!!
by ルナルナ (2005-01-10 01:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。